<フィギュアスケート:GPファイナル>◇最終日

◇最終日◇13日
世界女王の浅田真央(18=中京大中京高)が、逆転で3年ぶりにGPファイナルを制した
ショートプログラム(SP)2位で迎えたフリーは123・17点、合計188・55点
0・56点差でSP首位だった同年齢のライバル金妍児(韓国)を2・20点上回った
転倒もあったが、女子では国際大会で史上初めて、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度成功
直後に滑った金に重圧をかけ、ミスを誘発し、優勝を手繰り寄せた

 逆転優勝が決まった瞬間、浅田は目を見開いて驚いた
中継テレビ局のインタビューの合間にモニターで確認した金は、ジャンプでミスを連発していた

「もしや」の思いを押し殺していたが、次々と関係者が訪れては祝福されると、実感がこみ上げて
「真央を誇りに思うわ」というタラソワ・コーチとは何度も抱き合い、笑った

 自らの手で運を呼び込んだ
冒頭、慎重にジャンプまでの軌道を確認すると、3回転半-2回転トーループを完ぺきに決めた

息つく間もなく、次は単発の3回転半も成功
史上初の快挙を達成すると、韓国ファンからも大きな拍手と歓声がわき起こった

 ジャンプを降りた時は、すぐに次のジャンプもあって集中していた

 認定されてうれしく思うし、すごく達成感もある。

 今季最大の目標を達成し、演技後にはテレビカメラに向かって、何度も笑顔で投げキスをした

 一時は「負け」も覚悟した
後半に得点源だった2連続3回転の前半で転倒
10点前後の得点を失った形となった
金は今季2戦とも190点台を出しているだけに、合計188・55点では逃げ切れない
しかし、2度の3回転半成功にかけた浅田の執念が、金に無言の重圧をかけた

2週間前のNHK杯では2度の成功を目指したが、1度がわずかに回転不足と判定された
それだけに「(韓国に)入る前から2回跳びたいという気持ちがあったし、攻める気持ちを忘れずにいたかった
大きな自信になる」と胸を張った

 表彰式では金から「おめでとう」と声をかけられ、笑顔で応じた
金との直接対決は、今年3月の世界選手権優勝に続き、05年にシニア転向後初の連勝。シニアでも3勝2敗と初の勝ち越しとなった

今大会前、浅田は「スピード感があるし、一緒に滑ることでいい刺激になる」と、金へのライバル心を隠さなかった

一方の金は「他の選手のことは気にしていない」と平静を装った
宿敵を受け入れた浅田と、目をそらした金
そんな心理状況も微妙に明暗を分けた

 会見では「ヨナ選手とは同じ年ですごくいいライバルだと思う
 これからもお互いに刺激を与え合えたらいい」と素直に話した

初対決の04年12月ジュニアGPファイナルで、初めて3回転半を跳んで完全優勝した
当時の金に大きな衝撃を与えた
それから4年後、再び3回転半が金から平常心を奪った

 次の対決は来年2月、バンクーバー五輪の本番リンク「パシフィック・コロシアム」で行われる、4大陸選手権の可能性が高い

金の地元韓国での逆転優勝に続き、世界の舞台で再び打ち負かすことができれば、同五輪に向けて大きなアドバンテージとなるはず

でも、結果はどうれあれ、18才の若い二人はホントによく頑張ったと思う

すばらしい、感動と勇気を、与えてくれて、ありがとう

そして、今夜はプレッシャーから解放されたエキシビジョン!

2008年12月14日(日)・・・晴れ・・・13℃~3℃






【*創作続編・26話  感  激  】 をお届けいたします。。。パート(1)

※創作ストーリー・続・美日々第25話~が有ったとしたら・・・第 2 6 話 『  感   激   』

※それでは、創作続編 ・第25話・・・・・ 『 それぞれの思惑  』 にひきつづき

※        創作続編 ・第26話・・・・・ 『  感     激  』 を、お届け致します。


Part 1、《 セナの・・・ 躍  動 》

*セナは最近自分を避けているようで、何となく距離をおき、《 友達関係でいようよ 》 と言ったまま 一人流浪の自分探しの旅に出て行ってしまったソンジェに、疑念な思いを抱きはじめていた.....

「 可愛い妹のような気持ちで  愛情はあるけど  恋には  ならない・・・  」
「 恋・・・ じゃ  な い・・・  」

ソンジェにと言われたセナは、何かに付け狂ったように大きな声で人にあたりちらし、泣き叫び、わめき散らす事が頻繁になり、手が付けられなくなっていた.....

「 何よーーっ  なんでワタシの 顔を みるのよーーっ  」
「 なんか  言いたいことでも  あんの~~~!!! 」

あまり飲めもしないのに、毎日浴びるように飲み歩き、喚き、叫び、荒れて騒ぎ立てるすさんだ毎日を...

セナのピリピリ、キリキリした何かにつけ半狂乱じみた態度、行動、言動に対し、周りも誰一人、セナの傷ついた気持ちが痛いほど理解できていたため、何も言わず ソーッとしてしておくしかなかった。

しかし急に目の前からソンジェが居なくなり消えてしまった、虚しく寂しい日々が過ぎ、月日が流れていく中で、このイライラは、例え男女の二人であろうと ” 愛 と 恋 ” ” 友 愛 と 恋 慕 ” のような違いに徐々に冷静さを取り戻していく中で考え始め、、セナも異性である、お兄ちゃんとして信頼し、ソンジェに接し、すがって求めていた自分の心に気づきだしていった。

心の寂しさ、虚しさは、恋に破れた虚しさではなかった.....
体中から燃えたぎる恋の炎のようなものが...
胸がドキドキと、トキメクものが自分にも無い事を感じ始めていた.....
ソンジェが自分に頼って相談してくれないことへの不満と苛立ちだったのだ.....
そんな自分の気持ちに気がつきだしていた.....
恋人としてではなく、只、単に寂しかったのだ、かまって欲しかっただけなのだ、ヨンスお姉ちゃんばかりがモテテひがんでいただけだったのだ。・・・人の愛に飢え、自分もみてよ!心配してよ!気にしてよ!・・・と、それだけの事だったのだ。

そんな時期に、セナの復帰曲 CDは依然ヒットチャートのランキングトップの座を30週連続維持し続け、驚くような偉業さに、時の人として注目を浴び各マスコミ取材陣は激増し、歌謡ステージ、TV出演と、その多忙さは、寝る間さえ与えないほどの超過密さになっていった。

今までに無いほどの夢のような仕事の忙しさが、寂しさを忘れさせ、癒してくれていた。。。

引く手数多んの人気沸騰で寝る間もない かって経験した事がない 持てもての忙しさに追われていた。

「 あぁ~ぁ  グッすり  寝たいな~  」  嬉しい嘆きである

「 今 寝られるようになったら あんた、もう落ち目だよ どっちがいいの!   」  ナレは笑いながら言った
「 そうだね やっと スターになれるチャンスだもんね でも 眠む~い 」   

そんなセナを マネージャーのナレは、業界でよくある 【 一発 屋 】 で終わらせないため
社のプロデューサーに粘り強く働きかけ、2曲目の 特別プロジェクトチーム を編成してもらっていた。
プロジェクトチームは、念入りな検討と、ヒット作戦を、練りに練り上げて、セナと曲の持つイメージと
ユーザー層へのターゲットポイントを絞り、2曲目のCD曲の見直しアレンジに取り組んでいた。


*偶然にもポッカリと空いた、一日中全くスケジュールの無い休みが思いもかけずに訪れた
セナはナレに頼み込み以前から気になっていた、お世話になっていた天使の家に車いっぱいのオモチャや菓子などを買い積み込んで、施設の子供達にプレゼントし感謝を述べるため向った
しかし院長の顔を見つけると瞬間身を隠すように、後ろ向きになり背をむけた
まず、いつも優しく接し可愛がってくれていた副院長シン・ウスンさんに会いたかったのだ
高校も中退し突然何も言わず黙って飛び出してしまったことが、ズーッと気になり胸につかえたままでいたから

シン・ウスン副院長は修道院の出身で未だに結婚もせず、その身を天使の家に捧げていた

「 あっ  先生~い   先生~い   」
「 セナで~す  お世話になってた  セナです  もう 覚えていませんか?  」

「 あっ あ~ぁ  セナちゃん  あの  セナちゃんなの  」
「 おどろいた  急に 来たりして どうしたの 何かあったの  」

「 あの~  これ  みんなに  あげたくってっ 持ってきたんです  」

「 な~に  車いっぱいも  すごい量じゃないの~   」
「 子供達がよろこぶわ  じゃ~  子供達を講堂に集めるわネ  」

講堂に集まった子供達一人一人にプレゼントを手渡し子供達からの要望に応え、ヒット曲「HEAVEN」(天国)を歌い終えた。。。そして、最初の自分のデビュー曲名には絶対に ” 天 国 ” のタイトルを付けるとあえて作曲家の先生にお願いしていて、その名付けた経緯も.....” 天 使 ” = ” 天 国 ” =” 白 ” =” 純 粋 ”= ” 夢 ”=” 自 由 ”=” 幸 せ ”=” 大 空 ” =” 未 知 ”=?????・・・等の自分が抱いていたイメージを壊さず、そして微妙なアレンジを加えてまで、再度復帰曲にもあえてこの曲を選び、再デビューに挑んだことも.....セナにとっては、ここ,天使の家が飛び立つまでの温かなぬくもりのあった巣であり、全ての人生の原点であったのだ。。。

だからこそ、異常なほどまでに” 天 国 ”= ” 天 使 ” に込められた、その言葉にこだわっていたのだ
それを克服できた時、新しい自分のスタートが本当の意味で切られる・・・・・の、悲壮な思いを込めて....
誰が何と言おうとも...天使の家は
避けることも、隠す事も無い” 母なる海 ” であり ” 父なる山 ” で ” 明日をみつめられる空 ” なのだ

歌い終わり自分の想いを子供達に話した後、セナはシン・ウスン先生に聞きたいことがあると言い、副院長室に二人だけで向った。
施設の先輩であるセナに思いもかけていなかったプレゼントをもらい、しかも直ぐ目の前で生歌と、先輩の信念にも満ちた、熱い想いを聞いた子供達の目は強い希望の光を放っていた。。。

セナは今まで一度も肉親の事には一切触れずに、そのことを避けるように生きてきた、この天使の家でも...

「 先生ーっ  実は  お願いがあるんですけど  わたしの  個人台帳ってある筈ですよね~  」
「 それを  それを  できたら  見せてもらえませんか  」

副院長は突然のセナの言葉に一瞬オドロキの色をみせた
それは副院長自身にも、セナが預けられた経緯に、不信を抱いていたことがあったからだった

「 えぇ いいわよ  ちょっと待ってて  倉庫の方に保管されている筈だから  探してくるわね  」

セナはその間幼い頃よく遊んだ外の景色を感慨深くみていた.....

「 お待たせ  あった  あったわよ  セナちゃん   」
「 でも  おかしいのよね  あなたの両親欄には  何にも記載されてないのよ  」
「 空欄のままで  氏名も  生年月日も  住所も  肉親欄には  な~んにもが  」
「 こんなことは普通は無いんだけど  死亡とか  不明とか  何かが記載される筈だけど  」

台帳にひと通り目を通し眺め、裏面の最下段部の特記事項欄に書かれていた前院長の記載内容を読んで

「 あ~ら あら  あら その筈よセナちゃん  思い出したわ  わたしも  」
「 あなたはね  冬の寒い日に  施設の玄関の横に毛布で包まれ 置かれていたの  」
「 確か  手紙が添えられて・・・  」
「 友達に事情があって  預かって育てていたらしいけど   」
「 預かってた  その人の旦那様がお亡くなりになって  」
「 もう女の身で  他人の子まで育てていく  余裕が無くなってしまったからとか書いてあったわ  」
「 その友達にも何度か連絡をとろうとして  探したらしいのだけれど  」
「 その友達は  既に韓国を出て アメリカに渡って行ったらしく  連絡の取りようが無いって  」
「 そんな事が書いてあったわ  あっ  そぅ そぅ  その友達って  有名な歌手だったってことも  」

「 その手紙って  今何処にあるんですかっ   」
「 まだ処分はしてない筈だけど  直ぐにはムリよ  探し出せないわね~  古いものだから・・・  」
「 セナちゃん  日にちをチョウダイ  必ず探して  見つけてみせるから・・・  」

セナにとっては、意外な事実の発見と衝撃で複雑な思いだった.....深々とお礼を述べ、施設の大勢の子供達のにぎやかな別れの見送りを受けながら、天使の家を後にした。。。

「 さようなら~   又 お土産いっぱいもって来るからね~ まっててね~~~  」 と言い残して。。。。。


*ソウルに戻ったセナは、ビックリするような計画と事実を知らされた
セナのプロジェクトチームが騒然とした物々しさと忙しさに追われ慌ただしくアクセクしている様とは裏腹に、長い無期限な流浪の旅に出る前にソンジェ社長から、次へのセナの戦略構想はソンジェの信望を一心に受けていたある幹部、ユン・ジェゴンだけにソーッと告げられ既に示されていた。。。。それは、トップ10 の独走態勢を一定期間維持し続けたら、その勢いに乗って、セナと同様に、もの凄いスピードで経済発展を遂げている隣の国、中国への進出計画が即座に決定され驚く速さで具体的に進められていたのだ。

そのターゲットエリアは、香港、上海(シャンハイ)・北京(ベイチン)の主要3都市だった
しかも、ネキストナンバーは、既に 5曲も用意されていたのだ。。。
ソンジェに全面委任されていた若き幹部 ユン・ジェゴンは、ギリギリの所までソンジェとの約束だった秘密を守り通し、ある日突然的にマネージャーのナレとセナ、プロジェクトメンバーを緊急招集し、その旨を告げた。

その、予想をはるかに超越した通達指示内容に、集まった皆は、オドロキの声を上げ口を空けた。
が、数ヶ月も喧々諤々とチーム全体で、まともな睡眠や食事も取らずディスカッションしてきたことはいったい何の意味があったのか・・・?  一同に首を傾げざるをえなかった・・・

ソンジェは、絶対の自信を持ってセナの復帰に全精力をかけ、再起後のために次の強烈な ” テクノサウンド ” のリズム曲を導入した、セナがビックリするような曲目を、密かに準備済みだったのだ.....
あの再起に賭けて猛レッスンしていた時に、ZEROとして...
ソンジェはセナの生い立ち,、激しい生きざまからエンターテナーとして、ミュージシャンとしての資質を見抜き、激しい ” テクノ音楽 ” のジャンルに道筋をみいだしていたのだ.....
それは、セナ自身にとっては、180度以上のイメージチェンジサウンドでもあった。

譜面に基づき試奏を聴いたセナの体中に、一瞬 !!!  電気が 走ったっ  !!!!!!!
セナは
表側からは微塵も感じ得なかった、ソンジェの心の内側の体中に充満している負のエネルギーを爆発させ発散させたかような.....凄いインパクトだ !!!!!!!!
喚き! 叫び!強烈に のた打ち回り うったえている様な錯覚を 一瞬 覚えた

それにしても...
すばらしい炸裂! 爆発パワー!を持ったリズムサウンドに、改めてソンジェの作曲家としての能力の凄さを改めて感じざるを得なかった.....

復帰曲の 「HEAVEN」とは異なり、”夢” を除いて・・・思い切った ハイ テクノ ミュージック のオンパレードだった

1、「ワ -come on-」    ・・・『 来 て 』
2、「DaTo 〜パックォ〜 」・・・『 打倒 ~ 変えろ 』
3、「ジュルレ」 
4、「アリアリ」 
5、「 夢 」

何回も何回もメロディを聴きリズムをとっている内に...
セナにはソンジェの今の心の悶だえる内が見えてくるようだった。。。

セナはそれぞれの曲のイメージに合わせ、衣装づくり、振り付け、踊り(ダンスステップ)の分野まで自分の描いた意思と考えを盛り込み、プロジェクト推進チームと共に、トライ&トライ、テスト&テストと何度も繰り返し、より完成度の高いものへとレッスンを繰り返し、何度ものアレンジを加え、最終仕上げへと猛烈に取り組んでいった。

そして... アパートの屋上から夜空を眺め... 
.....ソンジェ.....今・・・  何処に   居るの・・・・・
それは、この世の中で一番好きで、最高にステキな優しいお兄ちゃんを想う妹のような姿だった。。。

「 ソンジェ  お兄ちゃ~ん 」
「 おにいちゃ~ん  お兄ちゃ~~~ん  」
「 ありがとう~  ありがとう~~~  」  
「 わたし  絶対  ガンバルからね~~~  」

何処かの旅の空で同じように眺めているであろう、夜空にひときわ煌めく三日月に向って、感謝と祈りとを込めソンジェに叫んだ。

その後まもなくして推進プロジェクトのスタッフ検討結果がだされ、全曲が選択され、綿密な発売スケジュールに沿って順次レコーディングの吹き込み撮影が進められていった。

東洋と西欧の持つ神秘さと妖艶さを放ち、軽快でハイテンポな第1弾進出プランも無事完成し終わり、まず国内販売が行われ、つづいてターゲットエリア、香港・上海(シャンハイ)・北京(ベイチン)での MD第1弾が大々的な宣伝のもとに発売開始された。

そして国内は勿論のこと、見事に民主化の波に乗り、目覚しい経済発展を成し遂げつつある、発散と躍動感の表現に飢えていた中国の若者たちの心をも捕らえ、ディスコサウンドミュージックとして人気NO1曲となり、その名をほしいがままな程に君臨していった。

好評を得た勢いに押されるように、第2弾・3弾・4弾・5弾と立て続けに発売し、ヒットにつなげていった。

飛ぶ鳥をも打ち落とす勢いのウエーブに乗ったセナのプロジェクトチームの戦略は、次なるターゲットポイントに、又々ユン・ジェゴン幹部の特命によって、意外にも本場、アメリカが選択されていた。
それは、アメリカのロサンゼルスに戻っていた、ヤン・ギョンヒ会長からの有無を言わせぬ特令だったのだ。

しかも、あえて世界のあらゆる情報発信の源である ニューヨークをすっ飛ばし.....
それは意外にも、ショウビジネスの本場・・・・・ラスベガスだった !!!!!!!!!

ビッグなプラン過ぎて タダタダ 唖然である・・・

中国へのソンジェ社長に裏で糸をひき、秘密裏に命令し試金石としての戦略構想の一端の指示も、やはり実は、このヤン・ギョンヒ会長の特命だったのだ。

しかも未だ誰れ一人として...  韓国の歌手史上例が無く、セナが初めての挑戦者である !!!!!

アメリカ西海岸カルフォニア(ロス・サンフランシスコ・ハリウッド)の隣、砂漠の中に突如として現れた一攫千金をねらうギャンブル目的だけでなく、ショービジネスの本場、グルメやショッピング、カジノとエンターテイメントの街としてアメリカだけでなく世界にその名を馳せている、ネバタ州ラスベガスでライブを行なうことが進められていた。

しかも、ライブを行なう予定のラスベガス・ヒルトン(LAS VEGAS HILTON)は、ラスベガス最大の・コンベンションセンターに隣接しており、総客室数: 3174室・カジノ: 9060平方メートル・ショールーム: 1577席・会議施設: 1万8580平方メートルと超ビッグで、ヒルトンシアターは「ロックンロールの帝王」エルビス・プレスリーが 70年代に亡くなるまでの最後の8年間、同ホテルのナイト ショー ルームに出演し、この伝統は今でも引き継がれており、スマザーズ・ブラザーズからエンゲルバート・ハンパーディンク、シーナ・イーストンまで、毎夜人気スターによるエンターテイメントショーが上演されているところだ。

世界にその名をとどろかす、かの歴史的にも有名な場所で、ライブステージを行なうのだ.....!!!!!!

ステージでの見違えるほどのカリスマ性の高さと、愛くるしいルックスでアジア圏で人気を得て !!!!
まるで、夢の世界であった。。。


*ハードな練習とチェック準備期間も終り、仁川国際空港からフライトの途に発った
13時間後、ラスベガスの、空の玄関口となる 《 マッカラン国際空港 》 に到着した。ここは、グランドキャニオンへの拠点としても有名なので、海外旅行者が多いのにも驚いた。
そして、ネバタ州クラーク郡(ラスベガス・メトロポリタン地区の人口は158万)のステージを行うラスベガス・ヒルトンホテルに迎えに来ていた車に乗り込み 15分ほどの時間で着いた。

「 ぅわ~~~!!!! 凄~~い !!!! 」

広大な自然とスケールの違いに 皆な歩く足元もビビリ気味であった

ナレのスーツケースが、7分ほどの隣にあるラスベガス最大級のコンベンションセンター参加目的で、このホテルに滞在していた夫婦の、夫人のドレスの裾に触れてしまった

失礼してしまったお詫びに、レストランのカフェでコーヒーに誘い丁寧に謝った
緊張もほぐれ、会話も出掛かってきた時

「 失礼ですが  韓国から  お見えになったたのですか  」

「 ぇえ はい  ヒルトン シアター で ライブショー をやるうんです  」
「 でも  アメリカは  何もかも初めてで  スケールが大きすぎて  足がガクガクなんですよ  」
「 体の大きさでは  負けてませんけどね ヘヘヘヘヘぇ  ごめんなさい  」
「 でも  わたしは歌手のマネージャーですから  ステージには上がらないんですけどね  」
「 ステージに上がって歌う  セナって歌手の子は  小柄なんですけど  舞台度胸がまたいいんですよ  」
「 大柄なわたしと  まるっきり反対で   ぇヘヘヘヘヘ   」
「 よかったら  見にきて応援してください  お願いします   」

「 そぅいうお方だったんですか  じゃ  お言葉に甘えて  観させていただきに行きましようか  」
「 うれしいわね  ねぇ   あなた   」

こんな他愛もない話をしているうちに
その連れ合いの白髪交じりの男性から、友達が 韓国のヤン・ギョンヒという元人気歌手だったという女性と、あるホテルのナイトショウで歌ってた時に知り合い、その後晩婚ながらその女性と再婚し、数年後、カジノと株の相場で得た、莫大な数十億もの財産を残したまま突然、亡くなってしまったと言う話を、ナレは聞いた。。。

そして、その夫人の口からから内緒の話だわよ、と念を押されて、1981年に韓国から逃げ出すようにアメリカにきた時、ヤン・ギョンヒは、まだ生まれたばかりの可愛い女の子を友達夫婦に誰にも内緒で預け、単身ロサンゼルス・ダウンタウンより西へ車で約15分程のコリアンタウン(韓国街) に来たことを......


** そ *** れ **** で ** は *** 創作続編 26話パート(1) * E N D *

Continued on the following page. ・・・???
[PR]

  by raymirainya | 2008-12-14 12:13 | 創作続編26-1

<< 最高視聴率48%マーク フィギュアスケート:GPファイ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE