2008年 12月 23日 ( 1 )

 

住之江賞金王決定戦

開催が、大阪でばかりじゃおもろない

結果は、やっぱガチガチの  1-4-6

インがめちゃくちゃ強いわ


2008年12月23日(火)・・・晴れ・・・10℃~2℃


※それでは、創作続編 ・第25話・・・・・ 『 それぞれの 思 惑  』 にひきつづき

※  創作続編 ・第26話・・・・・ 『  感      激   』 

※  創作続編 ・第27話・・・・・ 『  予      兆   』

※  創作続編 ・第28話・・・・・ 『  展      開   』
    ・Part 1 ・・・  《 ソンジェの・・・ 旅 の ピ リ オ ド   》


・Part 2 ・・・  《 セ ナ の・・・  縄 の 糸    》

ラスベガス公演を終え 韓国ソウルに戻ったセナは 空港に待ち構えていたマスコミ陣との
緊急記者会見も そつなく無事にこなし ナレと共に 住みなれたアパートへと向っていた
仕事の緊張が続き 肉体面はもとより 精神疲労も ピークにさしかかっていた
これほど 自分達の部屋に帰って 早く息をつきたいと思ったのは 始めてのことだった
いつしか 夜も更け
久しぶりにみる 空一面にきらめく 満点の星達が
優しく微笑みかけ 久しぶりの帰りを 出迎えてくれてるようだ
しかし 疲れているせいか 部屋にたどり着くまでの急勾配の坂道が とてもキツク 長く感じた
慣れ親しんだ 懐かしの我が部屋が  近づいてきた
そして ようやく部屋の前まで辿りついた
「 あ~ぁ やっと 家に着いた~  あ~ぁ 疲れた 」

あるじの居なかった部屋は 静寂を保っていた
おとなしく  留守番をしてくれ
しかし  懐かしさと  安堵感を 与えてくれた       
セナとナレは 部屋に入るやいなや 荷物を置き 腰を下ろし ゴロッと寝転がった
同時に 同じような言葉を吐いた二人は 顔を見合わせ 噴出し笑い合った
四六時中近く一緒に居ると 徐々に やる事なすことが 似てくるものだ               サイコー♪  この言葉につきた♪
やはり どんなゴージャスで 華麗で 高いホテルの部屋よりも

安アパートの狭い部屋ながらも勝手知ったる我がこの部屋がセナもナレも一番ホッとすることができた
不思議と気持ちが落ち着き 身も心も安らげ 溜まっていた疲れが ドーッと溢れ出た
もう話すことも 動く事も 立つ事さえ 億劫になっていた
結局 居心地 住み心地なんてのは メンタルな部分が 大部分を占めていることを痛切に感じていた

居心地 住み心地って 一体何を意味するものなのだろう
個々のみんなが リラックスできる くつろぎの場
最新設備が整った 便利で 使い勝手のいい
本当の住み心地の良さというのは 快適な 温度や 湿度きれいな空気・・・
といった 住まいの環境や 性能に頼った部分だけではない・・・

爽やかで 気持ちの良い 青空と 風♪ 
庭の花も咲き ベランダや 庭の椅子で ホッと一息♪
うぐいす等の 鳥の鳴き声が似合う 落ち着く場所♪・・・四季折々の景観と風情
朝には鳥の鳴き声が・・ 夜には虫の音が・・・ 涼しい風が部屋を通り抜け・・・
風通しのよさは・・ 精神的にも落ち着く♪・・・

・・と いうのも 最高に贅沢でいいのだが・・・  
今の二人は違う考え方をしていた
結局 その夜は二人とも旅の公演疲れがでて その後シッカリと爆睡した・・・

*創作続編 【第 28話 ・ 展  開  】-2
[PR]

  by raymirainya | 2008-12-23 14:31 | 創作続編28-2

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE