カテゴリ:あの時あの頃1-1( 1 )

 

*ヒューマンドキュメントストーリー【1】

◀ B G M ▶ ⇒ 【 Endless Rain 】
d0093573_17325281.jpg

※A Certain Human Story  『 That time Those days 』

Part 1、 《 笑    子  》  ・・はじめての交際・  (1) 


太平洋側にある、中部東海地方の、海に面した静かな湾・・
蟹の挟みのような形をなした、三河湾大浜港の海辺
大浜警察署に近い、川と海を目の前にした大浜下地域の浜家という細い路地の家が密集した漁師町で
笑子は、生まれ育った

浜辺までは、歩いて2~3分 100mほどである
同じく、勝也も笑子の家から 
4kmほど、海辺から離れた、新川という町で生まれ育った

d0093573_1642487.jpg


新川は、粘土を材料とした窯業、特に瓦や煉瓦、土管業を家業として営む人が多いところだ
が、二人の通う小学校、中学校は学校区の地域性から異なっていた

勝也の家から、150mほど坂を下った直ぐ下には、川幅が25mほどの
海と油が淵(湖・・蓮如池とも言う)に通じた、新川運河が流れていた
勝也の三人の兄達は、そろって近くに有る竈会社に勤め営業販売のため家を離れ
遠く、九州地方にまで、外交セールス仕事の旅に出ていた
仕事を求めて、わざわざ九州地方から関西、東海、関東に
故郷を後にする家族や人が多い中、そんな時代の流れとは逆行した動きだった
異郷の地から家に帰ってくるのは、盆か正月で
年に、一度か二度ほど帰ってくるか来ないかだ
兄たちは、嫁を伴い帰ってくると1~1ヶ月半ほどは、ぶらぶらと家にいた
その後、自分達で独立し、やはり九州の熊本、大分、鹿児島と、各県をまわり三兄弟で
家庭用品を主としたセールス販売をするようになった

家には、父親母親と姉二人それと妹、弟の7人家族で暮らしていた
上の男の三人の兄たちとは随分年も離れており、育ってきた中で兄たちと
一緒に生活を共にする事は、盆や正月の帰省時を除けば殆んどなかった
勝也は、長男ではなかったが家に残っている男では一番上に当たった
父親から、家の跡取りになって欲しいと望まれ、可愛がられて育ってきた
小学校までは、父親と一緒に寝ていたせいか、勝也も父親が大好きな少年だった

年甲斐もなく、父親は還暦もすぎたのに原動機付き自転車の
運転許可証を、本署のある大浜警察署まで行き、取得していた
家の中の地べたには、父親の乗ることのない原動機付き自転車や
兄きたちのバイクが、いつも置いてあった
そんな影響を受けてか、勝也は15才の誕生日を迎えると直ぐ同じように
大浜警察署までいって申請し
原動機付き自転車の、運転許可証を取得した

d0093573_18555652.gif


* つづきは ココを ポチッ!
[PR]

  by raymirainya | 2006-09-16 17:05 | あの時あの頃1-1

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE