カテゴリ:あの時あの頃1-2( 1 )

 

※ヒューマンドキュメントストーリー【2】

◀ B G M ▶ ⇒ 【 Endless Rain 】
d0093573_17254271.jpg

※A Certain Human Story  『 That time Those days 』

Part 1、 《 笑    子  》  ・・餓鬼のあやまち・  (2) 


夏の夕べのある日
勝也の家の隣に住む広司が突然訪ねて来た

広司は希望した大手企業の就職試験に失敗し精神がいらだってか職にも付かず原因はさだかでないが暫らくして精神病院に入院したと噂で耳にしていた
庭で立ったままだったが少したってから涼み台に腰掛けた
意図や目的のない話しを
途切れながら
どれとはなしに
一時間ほど話した・・
隣同士だが仲良しという間柄でもなく遊び仲間でもなかった
広司は誰と親しくて遊んでいたのだろう
小学校の途中の時期に遠い親戚なのか
突然引っ越してきて南隣の家を借り世話になっていた
南隣の家と土地の持ち主は50代の三姉妹だ
『ほうろく屋』と呼ばれる家だ
が、こぞって誰一人結婚もせず暮らしていた
そのせいかある宗教に心髄していた

南隣の家は以前営んでいた瓦の白地製造建屋の跡で300坪ほどの土地だ
建屋の中は空っぽで使われない道具類だけが置かれていた
道を挟んだ西側には250坪ほどの土地で母屋を構え
地つづきに畑が450坪と合わせると900坪ほど持っていた

つづくその隣が勝也の父親の本屋(在所)で同じように1200坪ほど持っていた
本屋は他に田んぼや畑、アパートなど別に1500坪も所有していた
勝也の父親は二人兄弟の弟の方だ
その兄は芸者遊びばかりで家に寄りつかなかった
弟の父が家業を継ぎ汗水たらし働いた
地下に埋もれていた粘土を掘り当て
手広くコンロづくりで財を成していった
運送の道具は馬と荷車だ
馬が好きで地方の草競馬にも出していた
その名を「千歳号」と名付けていた
勝也が小学校低学年のころまで千歳号は生き
馬に跨り野原に散歩に出かけた
脳裏に浮かび大人になるまで馬刺しが食えなかった


d0093573_18555652.gif


* つづきは ココを ポチッ!
[PR]

  by raymirainya | 2006-09-17 20:51 | あの時あの頃1-2

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE