カテゴリ:あの時あの頃5-1( 1 )

 

※ヒューマンドキュメントストーリー【13】

◀ B G M ▶ ⇒  【 Endless Rain 】
d0093573_1665624.jpg

※A Certain Human Story  『 That time Those days 』

Part 5、 《  千 恵 子  》  ・・吹き抜ける青春の風・  (1) 


夜間の大学は高校時代と違って給食がない
仕事を終え大学に通い
家に帰り着く
夜の10時45分まで腹がもたない
出かける前に朝ごはんを食い損ねたとき
立知駅前の左側にある喫茶店『あすなろ』でサンドイッチを頼むか会社の売店で牛乳とパン、ソーセージを買い腹ごしらえをしていた
夜は東枇杷島の駅を降り
大学までの間に屋台が何軒もある
おでんやらドテを食べ
一時の空腹を何とかしのいだ
立知駅の裏手側に(南西)
居酒屋 『 い こ い 』 がある
店に連なる駐車場に大学に行ってる時間、車を置かせてもらっていた
時間は17時くらいから22時くらいの5時間ほどになる
10坪20畳ほどのコの字型のカウンターのまぁまぁの広さで
店舗併用住宅を兼ねた25坪ほどのつくりだ
右側の突き当りには4本の足付きの洒落たステレオが置かれている
40代前半の母と19才の可愛い娘の母子で店を営んでいた
母娘というより姉妹にみえる
19才の娘の名はマコという
小柄で可愛げのある娘だが
水商売をやってるだけに
小悪魔的な妖艶さと大人びた雰囲気を漂わせていた
持ち前のキップのよさとは反し
思わず手を差し伸べ面倒みたくなるタイプの娘だ
そんな可愛げで馴れ馴れしい性分が余計に親近感を抱かせた

d0093573_18555652.gif


* つづきは ココを ポチッ!
[PR]

  by raymirainya | 2006-10-31 17:09 | あの時あの頃5-1

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE