カテゴリ:あの時あの頃6-2( 1 )

 

※ヒューマンドキュメントストーリー【15】

◀ B G M ▶ ⇒ 【 Endless Rain 】
d0093573_17505862.jpg

※A Certain Human Story  『 That time Those days 』

Part 6、 《  弥  生  》  ・・結婚という船出・  (2) 


ここ最近の、過ごしてきたいきさつから
お腹に子供が出来るのも、至極当たり前のことだった
そんなことなど考えもせず
約3ヶ月間連続で
来る日もくる日も
毎晩
一度で終わらず
二度三度目と回数をかさね
若さに任せ避妊具も使わず
直接、生のまま
恍惚の性の戯れごとに、毎夜のめり込んでいた
至極あたりまえの結果だった
が、今年で24才になる彼女は何故か結婚を焦っていた
妊娠を喜ぶと共に、不安も感じていた
返される返事が怖かった・・
もしも拒否、拒絶され反対されたら・・
年令に対する婚期の意識が強く
25才になる迄に
結婚しなければならないという概念がそうさせていた
彼女は家の後を継がなければならないと考えていた養子娘だ
まだ結婚もしていない二人だったが
深く考えず、勝也は成り行きに任せ慌てなかった
できた子供は
天からの授かりもの
流すことなく産めばいい
なんとかなる
なんとかする
全ては自分のしたこと
身に憶えのあること
返事を聞き
弥生は幸せの安堵に満ちた笑みをホッと浮かべた
長いようで過ぎ去れば短いだろう
人生の
歴史の1ページに過ぎないこと
勝也は、明日という前だけを見つめ楽観していた・・

d0093573_18555652.gif


* つづきは ココを ポチッ!
[PR]

  by raymirainya | 2006-11-15 16:32 | あの時あの頃6-2

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE