カテゴリ:あの時あの頃7-1( 1 )

 

※ヒューマンドキュメントストーリー【17】

◀ B G M ▶ ⇒ 【 Endless Rain 】
d0093573_20171631.jpg

※A Certain Human Story  『 That time Those days 』

Part 7、 《 ・・・・・・・ ・・・ 》  ・・辿れへぬ足跡・  (1) 


結婚二年目になる
又、暑い夏がきた
弥生の気分転換も含め
会社の連れたちと
7月末の連休に
岐阜の付知峡キャンプ場に行くことにした
弥生はインドアーにしろ
アウトドアーにしろ
集団での遊びを、まったく知らないで育ってきていた
御岳山系からの雪解け水が
清流付知川となり
渓谷美を織りなす
山紫水明の別天地としても付知峡は有名なところだ
弟の光良も誘い
朝早くから
合流地点の工場の駐車場で待ち合わせ
車3台の軽四ばかりで、付知峡へと向かった
R19号線を通り
小牧~恵那~中津川~R257号を抜け
付知峡口から、付知峡キャンプ場に入った
バーベキュをやるため
途中で肉やハム、ソーセージ野菜類を調達した
金網や串、調理用具など
役割分担により、それぞれのメンバーが用意してきている
付知川の水は透きとおってきれいだが
氷のように冷たい
岩々と川がおりなす渓流に、はしゃぎ合って戯れた
山の中のバーベキューは気分も最高だ
川のせせらぎが奏でるメロディを耳に、新鮮な空気を吸い食も弾んだ
自然との戯れと、観察以外にすることはない
キャンプ場だが、今回は日帰りのつもりだ
夕方に付知峡を出発し、夜には家に着いた
弥生は勿論
久しぶりに一緒に過ごした
弟の光良も楽しそうで
付知峡キャンプ場でのよい思い出づくりができた

d0093573_18555652.gif


* つづきは ココを ポチッ!
[PR]

  by raymirainya | 2006-11-27 20:36 | あの時あの頃7-1

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE