カテゴリ:創作続編26-1( 1 )

 

<フィギュアスケート:GPファイナル>◇最終日

◇最終日◇13日
世界女王の浅田真央(18=中京大中京高)が、逆転で3年ぶりにGPファイナルを制した
ショートプログラム(SP)2位で迎えたフリーは123・17点、合計188・55点
0・56点差でSP首位だった同年齢のライバル金妍児(韓国)を2・20点上回った
転倒もあったが、女子では国際大会で史上初めて、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2度成功
直後に滑った金に重圧をかけ、ミスを誘発し、優勝を手繰り寄せた

 逆転優勝が決まった瞬間、浅田は目を見開いて驚いた
中継テレビ局のインタビューの合間にモニターで確認した金は、ジャンプでミスを連発していた

「もしや」の思いを押し殺していたが、次々と関係者が訪れては祝福されると、実感がこみ上げて
「真央を誇りに思うわ」というタラソワ・コーチとは何度も抱き合い、笑った

 自らの手で運を呼び込んだ
冒頭、慎重にジャンプまでの軌道を確認すると、3回転半-2回転トーループを完ぺきに決めた

息つく間もなく、次は単発の3回転半も成功
史上初の快挙を達成すると、韓国ファンからも大きな拍手と歓声がわき起こった

 ジャンプを降りた時は、すぐに次のジャンプもあって集中していた

 認定されてうれしく思うし、すごく達成感もある。

 今季最大の目標を達成し、演技後にはテレビカメラに向かって、何度も笑顔で投げキスをした

 一時は「負け」も覚悟した
後半に得点源だった2連続3回転の前半で転倒
10点前後の得点を失った形となった
金は今季2戦とも190点台を出しているだけに、合計188・55点では逃げ切れない
しかし、2度の3回転半成功にかけた浅田の執念が、金に無言の重圧をかけた

2週間前のNHK杯では2度の成功を目指したが、1度がわずかに回転不足と判定された
それだけに「(韓国に)入る前から2回跳びたいという気持ちがあったし、攻める気持ちを忘れずにいたかった
大きな自信になる」と胸を張った

 表彰式では金から「おめでとう」と声をかけられ、笑顔で応じた
金との直接対決は、今年3月の世界選手権優勝に続き、05年にシニア転向後初の連勝。シニアでも3勝2敗と初の勝ち越しとなった

今大会前、浅田は「スピード感があるし、一緒に滑ることでいい刺激になる」と、金へのライバル心を隠さなかった

一方の金は「他の選手のことは気にしていない」と平静を装った
宿敵を受け入れた浅田と、目をそらした金
そんな心理状況も微妙に明暗を分けた

 会見では「ヨナ選手とは同じ年ですごくいいライバルだと思う
 これからもお互いに刺激を与え合えたらいい」と素直に話した

初対決の04年12月ジュニアGPファイナルで、初めて3回転半を跳んで完全優勝した
当時の金に大きな衝撃を与えた
それから4年後、再び3回転半が金から平常心を奪った

 次の対決は来年2月、バンクーバー五輪の本番リンク「パシフィック・コロシアム」で行われる、4大陸選手権の可能性が高い

金の地元韓国での逆転優勝に続き、世界の舞台で再び打ち負かすことができれば、同五輪に向けて大きなアドバンテージとなるはず

でも、結果はどうれあれ、18才の若い二人はホントによく頑張ったと思う

すばらしい、感動と勇気を、与えてくれて、ありがとう

そして、今夜はプレッシャーから解放されたエキシビジョン!

2008年12月14日(日)・・・晴れ・・・13℃~3℃

創作続編26-1
[PR]

  by raymirainya | 2008-12-14 12:13 | 創作続編26-1

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE