カテゴリ:創作続編28-3( 1 )

 

しずかなクリスマス/全日本選手権25日開幕 

長野・ビッグハットで
25日に開幕
女子はグランプリ(GP)ファイナル
を制した浅田真央(愛知・中京大中京高)の3連覇が濃厚


世相が、暗い
世の中も、活気がない

私も、、、


2008年12月25日(木)・・・曇り・・・10℃~2℃


※それでは、創作続編 ・第25話・・・・・ 『 それぞれの 思 惑  』 にひきつづき

※        創作続編 ・第26話・・・・・ 『  感      激   』 

※        創作続編 ・第27話・・・・・ 『  予      兆   』

※       創作続編 ・第28話・・・・・ 『  展      開   』
                    ・Part 1 ・・・  《 ソンジェの・・・ 旅 の ピ リ オ ド  》
                    ・Part 2 ・・・  《 セ ナ の・・・ 縄   の   糸    》


・Part 3 ・・・  《 ヨンスとミンチョルの・・・ 大 空 に 向 っ て  》

可愛い女の子だった・・・ どっちに似てるのかな・・・? どっにも似てる!
ぷくぷくした 小さな手 足 そして ふっくらとした顔・・・
お人形さまのような ぷっくりとした指 顔は私に似てる気がする・・・
待って・・・待って・・・ どこへ行くの・・? ・・待ってーー!
あなたは誰れなの その子を その子を いったい何処へ連れて行くのーー!
連れて行かないで・・・ーー  
・・ おねがい・・

あの人に ・・・  
あの人に まだ顔も見せてないのよ  あの人が 悲しむわ 
助けて・・・  お願い・・  
その子をここから連れて行かないで・・・
お願いして みんな 私はいいから その子を助けてって・・・ 
この子が居なくなったら 私はどうすればいいの・・・ 
お願い 私はいいのーー!
お願いだから  連れて行かないで・・・
私の子・・・ を連れて行かないでよ・・・
どこへ連れて行くのよ・・・?―――

しかし 力が全身から抜けて動けず 魂が吸い込まれていくような 脱力感を感じた
・ ・・夢だわ、きっと ・・ 
怖い夢を見ているんだわ・・・ 
あぁ 頭が痛い 体が重い 動けない・・ 気が遠くなっていく・・・
これは 夢だわ 夢の中で きっと 私はうなされているんだわ・・・
手も 足も 動かない 動かせない 背中にじわーっと汗も掻いている

ハ ハッ と目が覚めた !!
そして いつも隣に居る 彼の寝息が聞こえない 体が無い どうしたの・・・
いつしか 眠りについていたヨンスは 病院のベッドの上で うなされ 夢を見ていた
いつも触れ合っている二人の体 自然とそのぬくもりが伝わってくる そのあの人が居ない・・・
額や 頬にもうっすら 汗を掻いている  我に返ったヨンスは一瞬 身震いを感じた

愛する子どもの 顔も見ることができなかったなんて・・・
なんて 神様は残酷なのどろう・・・
それにもまして 気がつかなったなかった自分は 何という罪深い人間なのだろう・・・
目にいっぱいの涙を溜め 見知らぬ赤ちゃんに・・・ 詫びた・・・
妊娠10週を過ぎていれば、胎児の性別判定ができるらしい
陰嚢陰茎の有無  坐骨外陰部三角形状によって 
性別の判定が・・・

ヨンスは 妊娠 11週目だと言われ 流産した子は 女の子だったと知らせれていた
すくすく育てばミンチョルや家族に溺愛され 可愛い女の子に成長しただろうに・・・
それ子は まさしく天使のように 二人に授けられた赤ちゃんで
私の命を奪わないために 自ら 短いいのちを 燃え尽きさせてしまった・・・
なにかの 使命を果たすために・・・・ ヨンスは 罪と 悲しみをこらえられなかった・・・
ふと窓を見ると 気づいたら 外は薄暗くなりだしていた 
暫らくの間 暮れてゆく外を眺め 朦朧としていたが やがてジーツとして居られなくなった    スタンドの灯りをつけ 久しぶりに 絵を書くことにした・・・ 
赤ちゃんの絵だ 

いろいろな顔と 表情を書いた・・・  
何枚も・・・  
丁寧に・・・ 
想像を膨らませて・・・

幸せなひとときだった 赤ちゃんの絵に没頭し これ以上の幸せは ないくらいな幸福感を感じていた
赤ちゃんの痕跡はもはや何処にも無い・・・  
病院側で 既に無残にも処分されていた・・・
ヨンスの心はぶつけようの無い虚しさ儚さと悲しみに打ちひしがれていた・・・

そして、ヨンスは流産した女の子の名前を真剣に考えていた
ミンチョルと一緒に考え 戒名も付けて 供養しようと・・・
例え この世にでてこなくとも ヨンスの胎内で 2ヶ月半以上も 生きていたことは事実なのだから・・
ヨンスが生まれて始めて 女として身ごもった ” 宝 の 子 ” を このままで 忘れ去ることは出来ない

「  ゆるして・・・  ごめんなさい・・  ゆるしてね・・・ ・・ 」
 ヨンスが何枚も書いた 赤ちゃんの絵は どれも ニッコリ 微笑みかけ 笑っているようだった.....

*創作続編 【第 28話 ・ 展  開  】-3
[PR]

  by raymirainya | 2008-12-25 12:03 | 創作続編28-3

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE