<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

快 晴・・・【さよなら”Candies 30Y”】

梅雨の谷間

天を仰げば、気持ちよく青く晴れ渡り、どこまでも澄み切った空

雨でつもった汚れが一層されたのか

吸う空気までも、おいしくすがすがしい

いつの間にやら、いろんなものが、夏ごろも

いよいよ、汗にじむ、弾けるサマーシーズン到来を、かもしだしている

庭の木々花々たちも、栄養吸収十分で、つぎからつぎへとバトンしながら咲き誇ってる

柊木や金木犀、くちなしの花の出番も終わり

今は庭いっぱいを占領するかのように、大きく広く、そして高く、紫の葵の花が、我が物顔

そんな中を、色鮮やかな蝶が飛び、トンボが飛ぶ

つられて、名も知らぬ小鳥たちも

今日は、外では30度近くもあるというのに

庭の木々の新鮮な空気の通り道のおかげで、部屋ではエアコンいらずで肌寒い


2008年6月13日(金)・・・快晴・・・27℃~19℃

More
[PR]

  by raymirainya | 2008-06-13 10:13 | 独 り 言(つぶやき)

はなごろも ゆめごろも(花衣夢衣)・・連続ドラマ

三月からスタートしたこのドラマ
いよいよ、今月末の第60回か64回分放送分で、ザ・エンドらしい
予想だにせず
久しぶりに、連続テレビドラマに魅入ってしまった
取り巻くまわりの雑音が、いつのまにかそうさせた
でも、ちまたでは結構、人気を呼んでいる

もともと、漫画本が原作らしいが、なぜかしら周囲の雑音に飲みこまれ、そしてわたしもいつしか引き寄せられてしまった

第一部の舞台、昭和25年から28年代は、双子の姉妹愛が中心
第二部の昭和41年以降では、どちらかというと、妹の澪がメインで描かれているように感じられる・・・
残酷な仕打ちを、受けてばかりだけど・・
運命の悪戯によって、禁断の愛は、姉妹それぞれに姿形を変えて、きしめきうごめく。

時の流れと、許されぬ歪んだ男女の愛憎劇・・
ごくありふれた平凡な家族を、ある日突然襲う、どろどろした壮絶な現実
取り巻く環境によって、姉妹における秘めた愛の葛藤と、おかれる立場の逆転
奪うものと奪われる側
譲る側と受け入れる側
求めるものと与えるもの
もがき抜いたその向こうには・・
愛の形は、それぞれ
さまざまで、いろいろ・・・

真帆と澪・・・

許せないのは、いったいどっち・・・

真の罪を犯したのは、いったいどっち・・

それぞれが悪い、でも、それぞれに罪はあるけど・・・
一概には、批判もできない。

それにつけても、澪役を演じる吉田真由子さんの演技力はすばらしい。
ある意味、かもし出す些細な表情やら目つき、仕草、顔つきなどが、若いころの岩下志麻さんに非常に似てると思う

失礼だけれど
ある意味見直した(なんでも鑑定団の島田神助のアシスト役から想像もできなかった)
ましてや、あんなきゃしゃな体で、バイクを乗り回しているなんて
・・・・・

男と女・・

愛の仕打ちと、愛するがゆえに、いつしか他の誰かを傷つけてしまう愛するが上のいたずら・・・

それにしても、韓ドラ並みに、悲惨で過酷な悲劇が何回も、これでもかこれでもか、と訪れる

でも、見ごたえがある・・・

あと、12回ほどで、おわってしまうけど・・・

いよいよ佳境にはいり、波乱万丈のエンディングは・・・

年老いてから気がつく、やはり、酷な・・・

だろうか・・・・・?


2008年6月4日(水)・・・曇り・・・21℃~17℃
[PR]

  by raymirainya | 2008-06-04 11:13 | 独 り 言(つぶやき)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE